teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:6/163 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

マドリガールズ&ヌオヴォ・ヴィルトゥオーゾ「合コン」

 投稿者:ヌオヴォ・ヴィルトゥオーゾメール  投稿日:2008年 7月21日(月)16時46分4秒
  通報
  [日時]2008年8月1日(金)18:30会場 19:00開演
[場所]すみだトリフォニー小ホール
[チケット]当日\3500、前売\3000、学生\1000
[演奏者]マドリガールズ(女性ヴォーカル・アンサンブル)、初谷敬史(指揮)、
              松尾俊介(ギター)
[URL] http://www.geocities.jp/voxhumana_hp/go-con.chirashi.html

[曲目]
ジョン・ダウランド(1563-1626):Come again
三枝成彰(1942-):6声のためのマドリガル (1970)
ジョン・ダウランド(1563-1626):リュート独奏曲(未定:ギター編)
セバスチャン・ガクシー(1977-):私と小鳥と鈴と
                                         金子みすずの詩による (2008新作初演)
ジョン・ダウランド(1563-1626):Flow my tears
ジョン・ダウランド(1563-1626):Fine knocks for ladies
ジョン・ダウランド(1563-1626):Come heavy sleep
鈴木純明(1970-):6声とギターのためのミニアチュール
          トリスタン・コルビエールの詩による(2008新作初演)

小櫻秀樹(1970-):裸の王様 自作のテクストによる(2008新作初演)
ジョン・ダウランド(1563-1626):When the poor Cripple
ジョン・ダウランド(1563-1626):Thou mighty God
ジョン・ダウランド(1563-1626):Can she excuse my wrongs with virtues cloake
ジョン・ダウランド(1563-1626):リュート独奏曲(未定:ギター編)
マーリン・ボング(1974-):my past you are my breath my...(2008新作初演)

作曲家ユニット「ヌオヴォ・ヴィルトゥオーゾ」
「合コン。」に寄せて
小櫻秀樹と鈴木純明による作曲家ユニット『ヌオヴォ・ヴィルトゥオーゾ』。今回は
女声ヴォーカル・アンサンブル「マドリガールズ」との「合同コンサート」、名付け
て「合コン。」をお送りいたします。スウェーデンのキュートな女性作曲家マーリン・
ボングに、フランスの若き逸材セバスチャン・ガクシーが新曲を提供、さらにいま注
目のギター奏者の松尾俊介と「マドリガールズ」による、16 世紀エリザベス朝の哀愁
漂うダウランドのギター歌曲も加わります。「ルネサンス」と「現代」、この2つの時
代の「合コン。」をぜひごゆっくりお楽しみください。

ヴォーカル・アンサンブル「マドリガールズ」
2006 年、東京芸術大学声楽科有志で結成。初谷敬史を指揮者に迎える。古典から現代
音楽にいたる幅広い演奏経験をもとに培われた高度なテクニックと、ジャンルのボー
ダーを越えたレパートリーをもつ。また、メンバーのひとりひとりがソリストとして
の実力を備えつつ、和気藹々とした温かみある
アンサンブルづくりも魅力のひとつ。毎回、ゲストに迎えるイケメン音楽家とのコラ
ボレーションもコンサートの目玉となっている。2006 年11月待望のデビュー・コンサー
トでは、ゲストにコーニッシュを迎え、アメリカのミュージカル・ナンバーを中心に
華やかな舞台を披露した。2007 年10月第2 回定期演奏会「うたのおけいこ」ではヴァ
イオリニスト加藤由晃と共演。間宮芳生とヴェリオ・トルミスの愛情とやさしさにあ
ふれた素朴な歌たちを取り上げ、好評を博した。

ゲスト
松尾俊介(ギター)
1979年京都市に生まれる。日本ギターコンクール、東京国際ギターコンクールなどに
受賞歴を持つ。1999 年渡仏し、パリ・エコールノルマル音楽院を経て、2000 年パリ
国立高等音楽院ギター科に首席で入学、2003 年同音楽院ギター科を審査員満場一致の
首席で卒業。2004 年には、同音楽院室内楽科を卒業、アントニー国際ギターコンクー
ル(フランス)にて第3 位入賞し、日本に帰国。2005 年庄内国際ギターフェスティバル
にて第1位・オスカー・ギリア賞を受賞。ファーストCD「ヴァリエ1/ 松尾俊介」をリ
リースし、東京・トッパンホールでデビューリサイタルを開催する。以後、2006年
HAKUJUギターFESTA、2007年NHK-FM名曲リサイタル、2008年春のベオグラー
ド国際ギターアートフェスティバルなど、ソロのみならず室内楽、オーケストラとの
共演や新作の初演など多彩な演奏活動を展開している。

http://profile.ameba.jp/nuovovirtuoso/

 
 
》記事一覧表示

新着順:6/163 《前のページ | 次のページ》
/163